「足りなさ」について

  • 2020.03.30 Monday
  • 01:09

 

 私達の肉体は、「五感」や「体感」によって、心地よいか、安全か、きれいか、美味しいかなど、

また、お腹が空いた、のどが渇いた、寒い、疲れたなど、

常に色々感じ、「足りなさ」を補って生きています。

 

 そこで今回は、「足りなさ」について考えてみたいと思います。

お腹が空いた、のどが渇いたは、食物・水分が足りない状態なので、それを補えます。

寒いは、服を着たり、室内の温度を上げたり、運動をしたりして調節出来ます。

心地よいか、安全か、きれいか、美味しいか、また、疲れたなどは、人が持っている個性によって異なりますが、おおよそ何が足りないかが分かるので、それを補えます。

 

 人が生きる上で「足りなさ」というのは、とても大切な感覚だと思います。

 

「パンとサーカス」という言葉があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詩人ユウェナリス(西暦60年 - 130年)が古代ローマ社会の世相を揶揄して詩篇中で使用した表現。権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘した。「パンと見世物」ともいう。

愚民政策の例えとしてしばしば用いられる名言であり警句である。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<愚民政策とは>

人々の知性を意図的に失わせる政策である。教育、娯楽、報道が政策の手段として用いられる。愚民化した人々は権力者にあまり逆らわなくなるので、権力者は国を統治しやすくなる。

<愚民政策の概要>

知性は、必ずしも人を幸せにするとは限らない。知らない方がいいことはあり得る。また、教育にはコストがかかる。過剰な知識を得ることは、限りある時間とお金を浪費することになるため、人を不幸にしてしまう。

<日本の愚民政策>

詰め込み教育、受験一辺倒教育、偏差値制度 - 日本人が天下国家を論じない「考えない国民」になるように、1970年代に偏差値制度が導入されたと言われている。きっかけは安保闘争

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 適当な食料と娯楽を与えていれば、国民の政治への関心は薄れ、

教育、娯楽、報道によって、国民を愚民化出来るという訳です。

 

 「日本人は平和ボケ」などと言われていましたから、

愚民政策が、日本でも行われてきた政策であることは否めません。

日本人の多くが、国家を信頼し、「足るを知る」ことを美徳とし、

正しい思考力を失い、愚民化させられていたとも考えられます。

 

 人が生きる上で感じる「足りなさ」は、実はとても大切で、

どうやってそれを補うかが、また大切なのです。

 

 ここまでは、肉体の感覚を通して見てきました。

では、霊体ではどうでしょうか?

霊体には、肉体のような感覚器官は無いのですが、

あえて「足りなさ」について考えてみたいと思います。

 

 幸せ、豊かさ、ゆとり、希望、感動、ワクワク感、楽しい、喜び、愛、恵みなど。

 

 感覚器官を通さずに、心で「足りなさ」を感じられるものは、意外に沢山ありました。

霊体においても、肉体と同様に、いえそれ以上に

人が生きる上で感じる「足りなさ」は、大切なのではないでしょうか?

そして、どうやってそれを補うかが、また大切なのです。

 

 その人その人の持っている個性によって答えは様々だと思いますが、

では、具体的にどうやって補ったら満たされるのでしょうか?

 

 

 

 私は、聖書の神様を信じています。

聖書の神様は、全知全能であり、万物の創造主です。

 

 地球は、私達が汚水を沢山流そうとも、浄化できる自浄作用を持っています。

そして、私達人間も、心身共に自然治癒力を持っています。

神様が、そのように創ってくださっているのです。本当に素晴らしいことです。

 

 左脳と右脳が、脳梁(のうりょう)で繋がっているように、

肉体と霊体は、脳で繋がっています。

 

 当然、霊体が何かを足りないと感じていれば、脳に伝わるのです。

幸せで満ち溢れているか、そうでないかを

希望で満ち溢れているか、そうでないかを

脳は、解っているのです。

でも、どうやって補ったら満たされるのかが分からない。

 

 

 人間は、肉体の中に魂が入っている状態で、この世を生きています。

この世では、ほとんどの人が、「足りなさ」を補いながら生きていると言っても過言ではないと思います。

食欲、物欲、睡眠欲、承認欲求、独占欲、幸福感などなど。

では、肉体以上に大切な、霊体の「足りなさ」を、どうやって補って行けばよいのでしょうか?

その答えは、どこにあるのでしょうか?

 

 

聖書より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人はパンだけで生きるものではない。

神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。

マタイによる福音書4章4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なぜ人間の霊魂は、神様の御言葉を聴くことによって成長することが出来るのか。

有料記事ですが、一部はお読みいただけますので、ここでご一読ください

https://rapt-neo.com/?p=42925

 

朝の祈り会、および有料記事のパスワードの購入はこちらから。

https://rapt-neo.com/?page_id=30947

 

 神様は、2000年経った今も、霊体の「足りなさ」を補える「神の言葉」を与えてくださっています。

これが、聖書が3200もの言語に訳され、存在している理由です。

それは、イエス様の言葉であり、RAPTさんが啓示してくださる現代の御言葉です

 

 人は、自分の求めていた「足りなさ」の答えを、「神の言葉」から見つけ出すことが出来ます。

神様が、そのように創ってくださっているのです。本当に素晴らしいことです。

 

 神様は、創造主ですから、あらゆる人間の性質や個性をご存じです。

ですから、全ての人が、ここに答えを見出すことが出来ます。

但し、このことを信じて、真剣に悔い改め祈ることが必要です。

そうすれば、与えられると聖書に書かれているのです。

求めれば、与えられると。

 

 聖書には、比喩によって封印されていますが、人間が生きて行く上で必要な真理が書かれているのです。

 

 また、悪魔の存在が、創世記から最終章の「ヨハネの黙示録」まで、人類と共に描かれています。

悪魔は、完全に堕落した霊です。

悪魔は、人間に己を拝させる為に、

人間が持つ、楽をして何かを手に入れようとする弱い心に入り込み、

この世にある富や名誉を与えたり、

贅沢、快楽、競争など、沢山の誘惑を作り出し、

あらゆる手を使い騙し続けています。

人間が、神様と繋がれないように、必死で妨害しているのです。

 

 

聖書より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、

世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、

「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。

すると、イエスは言われた。

「退け、サタン。

『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」

そこで、悪魔は離れ去った。

すると天使たちが来てイエスに仕えた。

マタイによる福音書4章8節〜11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 本来、何かを手に入れる為に、正しく努力することで、

魂が成長するようになっています。

魂が成長すると、喜びや自信や希望が湧いて、その人に合った次の目標へと自然に導かれます。

これを繰り返していくと、心はどんどん軽くなって行きます。

けれども、正しい努力を怠りズルをして、魂が成長する大切な機会を逸してしまうと、

例え望んでいたものが手に入ったとしても、

心からの喜びを得ることが出来ず、魂は苦しむのです。

 

 悪魔に騙されていることも罪です。

 

 その事に気付き、悔い改め祈るならば、

神様から、「足りなさ」を補う以上の祝福があるに違いないと思います。

 

今回綴ったことが、一人でも多くの方のお役に立ちますようにと心から願います。

 

※こちらの記事は、数年前の記事ですが、完全版でお読みいただけます。

輪廻転生はあるのか。または「肉体」と「霊体」のしくみについて。

https://rapt-neo.com/?p=26125

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

◇過去の記事

コロナについて(RAPT理論に学ぶ仲間のTwitterより)

霊界の奥義(RAPT理論より)

さらに知識の鍵について

取り上げられた「知識の鍵」

種を蒔く

雛祭りと永遠に価値あるもの

隠蔽されていたことが明かされる「時」 JAL123便によせて

姫に憧れる女性たち

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.06 Monday
  • 01:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM