過去の自分には思いつくはずも無い可能性との出合い

  • 2020.07.05 Sunday
  • 23:30

 

 この広い世界の中で、このブログを通し出逢えましたことに心から感謝いたします。

このひまわり、天に向かって賛美しているように見えませんか? なんだか嬉しくなります♪
今日は、過去の自分には思いつくはずも無い可能性に出合えたことを、ブログに記しておこうと思います。
まずは、私の仕事について紹介させてください。

 

 私は、2008年〜2018年まで、カンボジアにある貧しい手織りシルクの村の織手と交流し、

年に2回のペースで村を訪れ、シルクの反物の依頼をして来ました。20年以上に及んだ内戦により寸断されたた手織りシルクを復興し、織手が自立出来るようにサポートすることが目的でした。

 

 NPOとして活動を始めましたが、寄付金を集めたり助成金を得る事に力を注ぐよりも、成果物のシルクを実際に買っていただけるように、衣服に仕立て、販売し協力金を得て行く道を選びました。実際に市場で通用するように織手と共に改良を重ねて行くことに力を注ぐべきと思ったからです。とはいえ、私のような小さな者が、3人の織手に仕事を依頼し続けるには、現地で生糸を購入する資金を、必死で働いて調達しなければなりませんでした。

 

 当初協力してくれていた仲間が去っても、サポートによって、織手の生活が向上し、彼らの織る布がより良い物へと進化していくことが、私の大きな喜びとなっていましたので、実働が一人でも資金繰りが大変でも、辞めようとは思いませんでした。むしろ一人でも何とかして続けたいと、服を仕立て協力金を得る為に奮闘出来ました。けれども、この地道で闇雲な奮闘が袋小路に入った2018年夏の終わり、プノンペンがどんどん様変わりする中、「常識」と思っていたことが、「真実」から遠くかけ離れていることに気が付きました。「RAPT理論」と「聖書」との出合いでした。自分が思っていた常識がくつがえされ、目の前に立ち込めていた霧が晴れ、世の中の真実が見えるようになったのです!こんな大きな転機が訪れるとは思ってもみませんでした。

 

 そして、RAPT理論と聖書から、分かったこと。私の理解レベルでですが…💦 

庶民は、一部の特権階級(上級国民=イルミナティ)が作った嘘偽りの世界の中で、搾取され操られています。マスメディアが伝えることは、特権階級の計画に沿って庶民を洗脳する手段であり、私達が学校で教えられた歴史は、特権階級に都合がいい様に歪められたものでした。そして、嘘はそれが嘘だと暴かれないように更なる嘘で覆い隠され、いつしか庶民が常識と思っていることは、真実から遠くかけ離れてしまっていたのです。

 

 今まで、特権階級が隠蔽していた事実を暴こうとした人達は、暗殺されてきました。しかし、聖書にあったアダムとエバの原罪から6000年が経ち、人類がその刑罰から解かれる時が訪れたのです。聖書に、終わりの時には、全ての封印が解かれると預言されている通り、今、隠蔽されていた悪が白日の下に晒され、次々と封印が解かれているのです。これが、真実です。私達は、歴史の大転換期に生きているのです。

 

 日本人が、聖書にあまり馴染みが無いのは、特権階級(天皇家)が、神に反逆したユダヤの末裔であり、聖書に書かれている事が彼らにとって最も都合の悪い真実だからです。彼らは、庶民が神と繋がることを恐れ、万教帰一や偶像崇拝の様々な宗教を作り出し、庶民が悟ることが無いように聖書に書かれている真実を隠蔽して来たのです。聖書の一部分を引用しいかにも道徳的なことを説きつつ、嘘を混ぜて難解にし、悟れないようにしてきたのです。けれども、時が来て、その嘘が次々と暴かれています。そんなはずは無いと通り過ぎずに、是非、ご自身で確認していただきたいのです。なぜなら、多くの方がまだ知らない真の救いが存在するからです。

 

「RAPT理論」の中に「真実」があり、「御言葉」に「真理」があります。

 

 私は、生きる目的を求め続け、「RAPT理論」に出合い、その奥にある「御言葉」に出合うことが出来ました。

そして、真の生きる目的と希望を見出し、あらゆることがシンプルで神様の恵みに満ち溢れていると感じられるようになりました。

終わりの時とは、6000年間この世を牛耳って来た悪の滅びの時であり、悪が滅びた後は、神様が統治される千年王国(=地上天国)が始まります。真実と真理に出合い悟ることが出来た人から、心の地上天国は始まっています。一人でも多くの方が真実を知って、生きる喜びと希望に満ちた真の救いへと導かれますことを心からお祈りいたします。

 

 但し、残念なことに、既存のキリスト教の教会に行っても、真理の御言葉には出合えません。悪なる存在は、キリスト教を内側から破壊し偶像崇拝へと堕落させました。悪魔は、イエス様を十字架に掛けて処刑したことを、イエス様に勝利した証として、十字架に掛けられたイエス様の像を掲げ、人々に拝ませているのです。これは神への冒涜なのです。

 

 私は、子供の頃にカトリックの小学校に通っていたのですが、神様は偶像を禁じているのに、「どうして教会では十字架のイエス様の像を拝むのだろう?」と思っていました。大人たちはだれもそれを説明してはくれませんでした。でも、RAPT理論によって、そのカラクリが分かり、本当にスッキリしました。

 

 キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

https://rapt-neo.com/?p=9309

 

 真実は、ここにあります。

RAPTブログ https://rapt-neo.com/

 

 心の引っかかりとなっていた事の答えが必ず見つかるはずです。

 

注)Googleなどの検索サイトで「RAPTブログ」を検索すると、「RAPTブログ」を誹謗中傷するサイトが上位に表示されます。これは、検索サイトがイルミナティに属しており、「RAPTブログ」が広がらないように工作しているからです。つまり、「RAPTブログ」が彼らにとって都合の悪い「真実」であるという証です。

 

 

 6/27〜29の三日間

久しぶりに展示会に参加させていただきました。

三人の作家による展示会でした。
主催の方、オーナー、作家の皆様もが、APSARAの服を着て応援してくださいました。
そして、新しいお客様との出逢いと恵みを豊かに与えていただきました。
本当にありがとうございました<(_ _)>
 カンボジアの手織りシルクは、日本のシルクとは異なり、ざっくりとした素朴な風合いです。
手織りの為、織キズやネップがあるのですが、それらを受け入れてくださり、それぞれの個性やニーズに応じてお求めいただけました。カンボジアから持ち帰ったシルクは、中性洗剤で洗ってから仕立てますので、基本的に手洗いが出来ることも喜んでいただけた理由と思います。

 衣服は女性にとって、とても大切なものといつも思います。

世の中では、Time(時)Place(場所)Occasion(場合)をわきまえることを求められますので、TPOに相応しい装いを選びます。そして、プライベートでは、自分らしく心地よい装いを選びます。また、年齢や個性や環境によって、似合うものも好みも変化します。この様に、女性は常に衣服と共に生きていると言っても過言ではありません。

 

 身体の機能は、年を重ねるごとに衰える傾向にあるので、身体は年を重ねるほどストレスを感じやすくなります。シルクを好まれる方に、年配の方が多いのは、シルクが皮膚と同じ動物性たんぱく質で出来ており生体親和性が高いので、最もストレスが少ない繊維だということを、体験的に知っておられるからだと思います。

 

 お祈りをしている時に、ふと、「衣着る」と書いて、「生きる」って読めるな…と思いました。

薬も服用すると言いますし…
私が、思っている以上に、着ることは奥深いのかも知れない…と改めて思いました。
私は、正直なところ半世紀も感覚で生きて来てしまい、物事を深く突き詰めて考える習慣がついていません(>_<) 
RAPT理論にもっと学び、衣服についても、有益な事とそうでない事、例えば営利目的の流行や、堕落に導くファッションの押付けなど…を見分け改善して行く必要があると思っています。

 

 私のような小さな者が、手織りシルクの村をサポートする為に、服の仕立てから販売までを通して行えるようになったことも、偶然ではないと思われて… 聖霊が豊かに降り注ぐ今、これからの時代の女性の生き方に合う、全く新しい衣服や、装いを提案していくことが出来ますようにと祈り求めるようになりました。私一人の力では到底成し得ない事でも、神様に祈り求めながら、神様が統治される世で行うならば、姉妹と共に互いの個性才能を尊重し合い協力して、成すことが出来るに違いないと思えるようになったのです。勿論、神様の御心にかなったらのお話ですが…^^💦

ブログは、一ヶ月半ほど書くことが出来ませんでしたが… 今までの自分にはありえない可能性を見出せたことで、目の前が明るくなる希望の喜びで満たされ、久しぶりにブログを書くことが出来ました。

 

「RAPT理論」と「御言葉」に学び、得られる恵みは、本当に計り知れません。

まだ見ぬ姉妹たちへ、そして、まだ「RAPT理論」と「御言葉」に出合われていない方へ、

聖霊の働きによって真の救いに導かれますようにと心からお祈りいたします。

 

◇今回のお薦めの記事です。※有料記事ですが、冒頭をお読みいただけます。

 

RAPT有料記事340(2018年12月31日)

霊的に成長し、豊かに聖霊に満たされた人は、人生の道に迷うことがなく、常に自分の行くべき道を見分けることができる。

https://rapt-neo.com/?p=50061

 

RAPT有料記事359(2019年3月18日)

艱難のときこそ自分の罪に気付くチャンスだ。そして、罪を悔い改めてこそ聖霊を受けられるし、聖霊を受けてこそこの世が天国のように感じられるだろう。

https://rapt-neo.com/?p=50560

 

RAPT有料記事382(2019年6月15日)

心を清めた人は、主から聖霊を豊かに注がれる。そしてその聖霊は、その人の運命がより良い方向に切り開かれていくように、その人の脳を動かしてくれる。

https://rapt-neo.com/?p=51132

  
  最後までお読みいただきまして、有難うございました。
  

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.06 Monday
  • 23:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM